BLOGブログ
BLOG

障子の張替え方法は?

2020/09/15
和室には欠かせない障子ですが、ペットを飼っていたり小さいお子さんがいる場合は、
どうしてもひっかいて破けてしまったり穴をあけてしまったりと、見た目が悪くなってしまうことがあります。
そういった場合は、張替えが必要になります。
今回は障子の張替え方法についてご紹介します。

▼障子の張替え方法

■障子の剥がし方

・準備するもの・・・はたき、霧吹き、ぞうきんや布、水か障子剥がし剤

①桟に沿って濡らす

枠ごと障子を外し、室内の床やテーブルへ障子の裏を上にして置く。
はたきで全体の汚れを取り、霧吹きを使って水か剥がし剤を障子の裏側から桟に沿って十分に濡らしていく。
5分ほど経過してから、水や剥がし剤が十分にいきわたるまで待つ。

②ゆっくり剥がす

下からゆっくりと剥がす。
古い和紙ほど糊が残ったり、剥がれにくかったりするため和紙が残ると次に貼る和紙がたるむ原因にもなるので、丁寧に行いましょう。
霧吹きで水を足しつつ剥がし、最後にぞうきんや布で桟をキレイに拭いたら、日陰で一度干して水分を飛ばす。

■障子の貼り方

・準備するもの・・・糊付け用の障子紙、障子用の糊、はけ、マスキングテープかセロハンテープ、カッター、カット定規、霧吹き

①仮止めをして糊をつける

陰干しが終わった障子を、裏を上にし新聞紙やビニールシートの上に乗せる。
桟の一方に障子紙の端を合わせ、セロハンテープやマスキングテープで1か所仮止めします。
障子紙と桟が平行になっていることを確かめたら、仮止めしたところの近くも固定する。
仮止めが終わったら一度障子紙を巻いて、桟の外へ出る。
はけを使い、障子用の糊をまんべんなく桟へ塗る。

②障子を貼って余分な所はカット

糊を付け終えたら障子を張っていく。
ゆっくりと障子紙を転がし、桟に添わせるように張り付けていく。※アイロンやドライヤーで熱を加えると伸びやすくなります。
障子紙が余ったら大まかなところでカットしておく。
糊が乾いたところで端の余分な障子紙をカッターでカットしていく。

▼まとめ

いかがでしたか。障子を自分で張り替えるとなると、手間や時間が掛りますが、専門業者に依頼すると費用は掛かりますが、
短時間で美しい仕上りにすることが出来ます。
当店では、畳の張替えもリーズナブルに行っており、高い技術を持った職人が一枚一枚丁寧かつスピーディーに作業を行い、お客様の理想の仕上がりになるよう心掛けていますので、予算を抑えて高品質なものをお求めの方は一度お問い合わせください。