BLOGブログ
BLOG

畳にシミができた時の対処法

2020/07/01
「畳にジュースをこぼしてしまった」「ペットのおしっこのシミが取れない…」
と畳にシミについてお困りの方も多いのではないでしょうか。
そこで畳のシミ抜き方法やおすすめ対処法を紹介していきます。
▼畳のシミ抜き方法
まずは、シミ抜きの方法を、汚れの原因別に説明します。
■ジュースやコーヒーなどのシミ抜き
1.乾いたタオルやキッチンペーパーで吸い取る
2.小麦粉やベビーパウダーをシミの部分にかける
3.掃除機で吸う
4.よく絞った雑巾で拭く
畳を乾かせば完了です。基本的なシミ落としは、小麦粉やベビーパウダーを使ってシミを吸い出します。
■ペットのおしっこなどのシミ抜き
ペットのおしっこのシミ抜きは、ジュースやコーヒーと同じ手順で行います。
1~4まで終わったら、最後にアルコールをかけましょう。そうすることで、臭いが気にならなくなります。
■血液などのシミ抜き
1.乾いたタオルやキッチンペーパーで吸い取る
2.雑巾やタオルに漂白剤を含ませる
3.漂白剤を含ませたタオルで叩くようにして汚れを吸い取る
4.水拭きして乾燥させる
汚れがひどい場合は、シミに直接漂白剤をかけてください。ビニールなどで覆い、1日浸透させたあと綺麗に拭き取りましょう。
ただし、シミと一緒に畳の色も抜けてしまう可能性が高いので、綺麗な畳に戻したい方は、業者に相談しましょう。
▼畳にカビが発生した場合
シミができた場所は、カビが発生しやすい環境になってしまいます。
もし畳にカビが派生した場合の対処法はこちら。
1.畳を天日干しする
2.歯ブラシを使い、畳の目に沿ってカビをかき出す
3.掃除機をかける
4.タオルに消毒用アルコールを含ませ乾拭きする
カビが軽度の場合なら、畳の目に沿って掃除機をかけ、乾拭きを数回繰り返せばOKです。
▼どうしても落ちないシミは畳替えも1つの手段
時間が経ったシミや間違ったシミ抜き方法をした場合は、畳が綺麗にならないこともあります。
その時は、シミができた畳だけ畳替えをすることも1つの手段です。
畳を使い始めて2~4年なら、畳のイ草部分を裏返す「裏返し」という方法もありますし、畳表だけを新しいものに交換する「表替え」もあります。
畳全体を買い替えるのではなく、様々なメンテナンス方法があるので、専門店で相談してみてくださいね。