BLOGブログ
BLOG

和紙畳のデメリットは?

2020/06/21
和紙畳って聞いたことがありますでしょうか?

和紙畳とは、天然の和紙をコヨリにしたのち、イ草畳の様に編み込んだ畳のことです。

最近では、琉球畳とも呼ばれています。

近年、リビングの一角に和紙畳(琉球畳)を取り入れることも多く、おしゃれでお手入れがしやすいと人気なんですよね。

カラーバリエーションも豊富でモデルハウスでもよく使われていることから需要も増えています。

和紙畳のメリットについて、知っている人も多いかもしれませんが、デメリットはあるのでしょうか?

まずは、メリットから紹介していきます。

▼和紙畳のメリット

・耐久性がある

・カビ、ダニに強い

・変色しにくい

・日焼けしにくい

・床暖房が設置できる

・防音性がある

・耐水性に優れている

・しみになりにくい

・和紙のバリエーションが豊富

主婦に人気の理由は、カビ、ダニに強いということではないでしょうか。

また、床暖房を設置する住宅も増えていることから和紙畳の利便性が高いことは確かですね。

続いて、デメリットについてです。


▼デメリット

・縁なしにすると高い

・へこむともどりにくい

・イ草より高価

・イ草のような心地よい香りはない

和紙畳にもデメリットはありましたね。

個人的には、「イ草の香りがしない」というのが一番のデメリットかなと思います。

年配の方になると、やっぱりイ草が落ち着くということでイ草畳を好まれる人が多いです。

また、メリット、デメリットから若年層には、和紙畳が人気なのもうなずけますね。


お客様のお話を伺いますと、新築、リノベーションの際、畳に悩まれる方も多いようです。

それぞれの畳のメリット・デメリットを比べてみて検討すると良いかもしれません。


当社では、見積を無料で行っております。

お客様のご予算、ご要望に合わせたサービスをご利用いただけるように、様々な種類の畳を用意しております。

また、畳の他、襖、障子、網戸の張り替えも承っております。

襖紙や障子紙のデザインの作成依頼も承りますのでお気軽にお電話にてお問合せくださいませ。