BLOGブログ
BLOG

畳の上にカーペットを敷いてもいいの?

2020/06/05
「畳が傷んできたから、カーペットでも敷こうかな?」
畳の変色や、ささくれで、上からカーペットを敷こうとお考えの方はいませんか?
一見、畳にカーペットを敷くことは、模様替えにもなって良いかもしれませんが、実はNGなんです。
畳の上にカーペットがNGな理由や畳の張替えについて紹介していきます。
▼畳の上にカーペットがNGな理由
畳の上にカーペットを敷くと以下のような悪影響がでる恐れがあります。
■通気性が悪く、湿気が溜まりやすい
畳には、通気性の良さから、部屋に溜まった湿気を吸収したり、吸収した湿気を放出して部屋の温度調整をする役割があります。
畳の上にカーペットを敷いてしまうと、畳の表面を覆ってしまうため、通気性が悪くなってしまいます。
温度調整、通気性を妨げてしまうので、湿気が溜まった部屋になってしまうのです。
■カビやダニが発生しやすくなる
畳とカーペットの間には湿気が特に溜まっています。
この湿気を放置してしまうと、カビやダニの温床になってしまう可能性があります。
カビやダニが発生してしまうと、畳自体の寿命も短くなってしまうんです。
▼畳の上にカーペットを敷くときは?
どうしてもカーペットを敷きたい方は、湿気やカビ・ダニを予防するために、注意が必要です。
畳の上にカーペットを敷くときのポイントはこちら。
・こまめな換気
・こまめな掃除
・定期的に畳を上げる
とにかく、こまめな掃除が必要なのですが、定期的に畳を上げるとなると、女性や高齢者には難しいかもしれません。
畳にカーペットを敷くとかなり面倒だということが分かります。
▼畳にはこんな効果があります
古くから親しまれている畳ですが、畳には以下のような効果があることをご存知でしょうか?
【畳の効果】
・部屋の温度調整をしてくれる
・空気を綺麗にする
・リラックス効果がある
・子供が転んでもけがをしにくい
前述でもお伝えした、温度調整の他にも、このような効果があります。畳をカーペットで覆ってしまうのは、掃除が大変なだけでなくもったいないですよ。
▼畳が傷んできたら張替えましょう
こまめな掃除が面倒という方は、畳の張替えという手もあります。
特に「きしみ・ささくれ・変色」などは、畳の張替え時期です。畳張替えの専門店に相談してみましょう。